代表挨拶


 

日本国際学生協会(以下 I.S.A)は、「世界平和への貢献」を理念として掲げており諸外国との文 化交流や対話を通じることで相互理解のさらなる深化を目指し活動する団体です。

I.S.A. 86 年という長い歴史を持ち、現在約 250 名もの会員を有しており、全国には 6 つの支部 が存在しています。それらはすべて学生の手によって運営されています。以上のように I.S.A.は、 歴史的にも規模的にも日本有数の学生団体であります。

私たちは現在、日本という先進国で比較的不自由のない生活を送ることができています。しかし、 世界に目を向けると豊かな暮らしをしている人々の陰で、飢餓や貧困、また戦争や紛争に巻き込 まれている人々がいるということは紛れもない事実です。グローバル化が進み、国や人種という 垣根を超えボーダーレスになっている現代において、こういった世界の諸問題に対して意識を向 け、それらについて考えるということはこれからの時代を生きる私たちにおいて必要になってく ることだと思います。

私たち学生にとってできることは限られています。世界平和を実現するといったことはとても難 しいかもしれません。ですが、 学生であり若い力を持った私たちだからこそ、I.S.A.という団体でプログラムを通して国際交流 を深めることによって、様々な国の学生たちと国や人種といった垣根を越えて相互理解を深める ことで、人と人との心が触れ合い、世界平和の貢献に繋がると私は考えます。

現在も新型コロナウイルスの影響によって I.S.A.の活動は難しい状態となっています。しかし、 こういったコロナ禍の中でもできることを模索しながら、私たちにできる精一杯の活動を行いた いと思います。これからも会員が成長でき、また会員の居場所となれるような I.S.A.を作ってい くべくこの 1 年間、会長として尽力していきたいと思います。

I.S.A.という場所は、自分自身が変わるきっかけとなる場所であると思います。様々な地域に住ん でいる日本の学生はもちろん、色々な国の学生と交流することで、自分の価値観や視野が変わり ます。また、企画や運営をすべて自分たちの手で行い、何かを一から作り上げるという経験もで きます。是非、私たちとともに I.S.A.で充実した学生生活を送りませんか。

2022年度 日本国際学生協会会長 田穂 龍平