代表挨拶


日本国際学生協会(以下I.S.A.)は、「世界平和達成への貢献」を理念として掲げ、学生の手による諸外国との文化交流および対話を通じて相互理解の深化に努める学生団体です。

 

日本で生活をしている学生は幸いなことに、“私たち”の平和は脅かされることなく、平穏な日々を送れています。ですが世界に目を向けてみると、未だに非平和的なことが起こり続けている。そのような非平和的なことに対して、無関心でいられても、無関係ではいられない世の中になってきているのもまた事実です。

 

それでは、私たち学生はどのように向き合っていけばいいのか。「自分が社会に働きかけたところで何も変わらないじゃないか」という消極的な意見もあります。確かに、私たち学生が行動を起こしても、直接的な大きな影響を与えるわけではありません。ですが、私たち学生でも問題を『知る』ことはできます。そしてそれについて『話し合う』ことも出来ます。そういった若者の平和に対する積極的な姿勢が、微力ではあるものの、いずれは世界平和に繋がると私は信じています。

 

現在、I.S.A.には7つのプログラムがあります。世界各国から集まった学生と1週間議論をし。政策提言をする「国際学生会議」、世界中の学生の交流を目指しヨーロッパに本部を置くIWCOと連携し、各国からの学生を受け入れ、企業訪問やホームステイを通して交流する「International Week West Japan」、学生を海外に派遣し現地での生活や見学を通して異文化を理解し受容する心を育む「International Week」、日韓における相互理解の促進と世界平和への貢献を目指す「日韓学生会議」、観光視点から日本を知り、発信し伝える「学生ツーリズムサミット」、韓国・ベトナム・フィリピン・モンゴル・インドネシアで現地での生活を体験し、現地の学生と交流する「Exchange program」、協働を通した実践により自他共に成長し、広い視野を持つことを目的とした「国際協働プロジェクト」。これらすべてが学生の自発的な欲求と積極的な努力によって運営されています。これらのプログラムが会員の世界平和に対する意識を高め、将来、国籍や文化などの枠に捉われずグローバルに活躍する人材になることを切に願っています。

 

I.S.A.は今年で86年目を迎えます。会員も約300人ほどいます。これほど長い歴史を持ち、全国に支部があり、さらに学生のみで運営をしている団体は他に類を見ないのではないでしょうか。私は、このような歴史のある素晴らしい団体をさらに良いものにするために、会長として一年間努めていく所存です。

 

学生である限り、I.S.A.の会員となり、プログラムの運営に携わったり、プログラムに参加し、世界へ赴き新たな価値観に触れることができます。全国の学生の皆さん、私たちと共に、I.S.A.で充実した学生生活を送りませんか。

2020年度 日本国際学生協会会長

瀬川 湧太