*財務部長:岡山支部 ノートルダム清心女子大学2年生 内田慶香

 

 こんにちは。この度財務部長に立候補させていただきました、岡山支部ノートルダム清心女子大学2年内田慶香です。この場をお借りして、今回私が立候補させていただいた理由と熱意をお伝えさせていただきたいと思います。

 

 

 

今回私が立候補させていただいたきっかけは、二つの場所で経験した財務という役職です。現在私は岡山支部の財務、そして第59回日韓学生会議副実行委員長兼財務として、二つの場所で財務という役職を兼任させていただいています。そこでそれぞれに共通する課題を発見し、改善すべきだと強く感じたことがあります。それは「情報共有不足」です。例を挙げるとプログラム援助金や支部援助金がいつ振り込まれるのか、なぜプログラム援助金がこの金額なのかという疑問などが挙げられます。また、他の支部員からは、自分の支部が何にお金を使っているのか、自分の支部の支部費の内訳がわからないという意見の他に、遠方支部への交通費援助金の詳細情報を早めに流してほしいという悩みも耳にしました。自分の支部の内情でさえ、把握できていない支部員がいる支部が存在していることに危機感を覚え、早急に改善すべき点だと実感しました。そこで、情報共有不足を解消するために二つの打開策を考案しています。

 

 

 

一つ目に「明瞭な」予算決算報告を、全会員の目に届くように行うことです。文字通り誰が見てもわかり易い2019年度予算案・決算報告を全国合宿や、宮本会長が所信表明に挙げていた「年次会報」で公表すること、それに伴い質疑応答を受け付ける機会を設定することです。会員11人が知る権利を持ち、内情把握が出来て当然だと考えています。また、決算につきましては、「収支計算書」を作成し各プログラムが財団協賛を獲得する際に役立ててもらえたらと考えています。

 

二つ目に各支部・各プログラムとの密接な関係を築くことが必須だと考えます。もちろん各プログラム・支部ごとに財政状況は大きく変わって来るとは思いますが、まずは財政状況(予算・決算)を把握し、私自身の経験をもとにアドバイスできる点があれば積極的に提案したいと考えています。必ずしも私の経験が生きるとは断言できませんが、微々たる力でも手助けできたらと思います。

 

 

 

また「情報共有不足」解消の他に、「This is Okayama」や「JASC」などの個人プログラムにも積極的に援助したいと考えています。援助金があれば…と私自身JKSC59の活動を通して頭を悩ませたこともあります。公式プログラムではないため、収入源が参加費だけに限られがちな個人企画を援助することによって活動の可能性が大きく広がると考えています。個人企画と比較して、参加費の高い公式プログラムへの参加を躊躇っている人でも、個人企画で他支部の会員と交流し、経験談などを聞くことで公式プログラムへの参加意欲が高まるのではないかと考えます。どの企画を援助対象にするか等の細かい基準設定については今後事務局で議論する予定です。

 

 

 

私にしかない、このふたつの場所での経験を最大限に生かし日々I.S.A.をより良い団体にするために事務局の一員として尽力させていただくつもりです。

 

私が財務という役職を務めるにあたって今まで一番大切にしてきたことは、何よりも「信用してもらうこと」です。この人であれば安心して任せられると認識していただけるよう今後の活動においてもその軸を揺るがすことなく、努めて参る所存です。そして、常にI.S.A.会員のリアルな声に耳を傾け事務局員、会長とベターよりもベストな方法を模索し活動していきたいと思います。以上で私の所信表明とさせていただきます。最後までお目通しいただきありがとうございました。

 

 

 

 

質疑応答

コメント: 3
  • #3

    宮本 大輝 (水曜日, 21 11月 2018 17:43)

    内田さん

    ご回答いただきありがとうございます。
    一緒に1年間頑張りましょう。

  • #2

    内田 慶香 (水曜日, 21 11月 2018 15:23)

    宮本さん
    ご質問ありがとうございます。回答が遅くなりすみません。
    私自身の強みとしては、まず一点目に普通科高校ではなく"商業高校"出身であることです。週3~4日程度の簿記の授業を通して、原価計算・財務会計などの勉強をし、財務諸表(貸借対照表、損益計算書など)の作成方法を身につけました。そのため、予算決算などの書類作成スキルを持ち合わせていると自負しています。
    二点目に、私は中途半端を嫌うため、最後まで責任感を持って仕事を行う性格です。財務の役職は、所信表明でも申しげさせていただいた通り"信用してもらうこと''が必須だと考えます。信用を得るために私が出来ることは、責任感のある態度を行動で見せることです。
    私の仕事に対する性格は今後の活動を通して、見て頂けたらと思います。よろしくお願いします。

  • #1

    宮本 大輝 (火曜日, 20 11月 2018 21:19)

    所信表明お疲れ様です。
    質疑応答終了間際になって申し訳ありませんが、1点質問させてください。

    内田さんは岡山支部とJKSCの財務を担当されてきたわけですが、それは財務という職が自身にとって適任と感じているからだと推測します。
    そこで、内田さんのどういう点が財務というポジションに適していると思いますか。自身のスキルや性格を踏まえて答えて頂けたらと思います。