*企画部長立候補者: 大阪支部 関西大学2年生 原田茉鈴

所信表明

 

この度、I.S.A.事務局企画部長に立候補致しました、大阪支部2年の原田茉鈴です。立候補に際し以下の3点について述べさせていただきますので、ご一読いただけますようお願い申し上げます。

1)立候補の理由

2)全国合宿について

3)オンラインでの活動について

まず1つ目に、立候補の理由についてです。この1年私は大阪支部長を務め、その他にもプログラム実行委員として企画に携わりました。これらの経験を生かし、より大規模な企画を自分の手で運営していきたいと考え、立候補致しました。また、今年の全国代表者会議での話し合いが私にとって充実したものだったので、来年も引き続き主体的に参加したいと考えています。

2つ目の全国合宿についてです。前提として全国合宿の開催は全ての支部・プログラムがオフラインでの活動が再開した状態になってからではありますが、開催可能になった際に取り組みたいことを述べさせていただきます。

私は2019年の春・秋両方の全国合宿に参加しました。春は新入生向けにプログラムと事務局が説明会を行っており、グループに振り分けられてブースを巡回しながら説明を聞く形式でした。しかし情報量が多い説明を半日間聞き続けることは、大変疲れを感じました。また、何度も同じ説明をし続ける実行委員の負担も大きいです。

そこで私が工夫したい点は、説明会の回数を最小限に減らすことです。何人グループだと回しやすいかを各実行委員長と調整します。また、途中でブレイクタイムを挟むことも考えています。そうすれば参加者全体の緊張感や疲労感を和らげることができると思います。

また、2019年の秋合宿では多くのプログラムが一斉に広報する場を設けられたことで、聞き手より話し手の方が人数が多いという問題がありました。そこで私は細かく時間ごとに広報する時間を分け、広報する側も他の広報を受けられるように工夫したいと思っています。

また新たな試みとして、新入生向けに春・秋全国合宿がどのようなものであるかのPR動画を参加者募集の前に流したいと思っております。年に2度しかない貴重な機会に、より興味を持って参加して頂きたいからです。

3つ目に、オンラインでの活動についてです。現企画部長である井上さんは、コロナ禍でも積極的にオンライン企画を打ち出されていました。そして、オンラインは全国の人が集まれる良いツールであるという発見がありました。来年がどのような状況になっても、オンライン企画は続けて欲しいという井上さんの希望はそのまま引き継いでいく所存であります。

そして引き継ぐにあたって、以下のことに取り組みオンライン企画をより良いものにしていきたいです。

まずはじめに、新入生向けの事務局主催オンライン説明会についてです。オンライン説明会を中心になって運営していたのは事務局長でしたが、これは企画部長がやるべき仕事だったのではないかと思っています。そこで来年以降のオンライン説明会は企画部長が中心になって運営し、事務局長及び他の事務局員にサポートしていただく形にしようと考えています。

次に、オンライン企画の広報についてです。今年は企画部長が1人でMLを作成しており、TwitterやInstagramでの広報は2,3回程で十分とは言えませんでした。そこで、企画補助を募ったり事務局広報と協力することでさらにアピールを図っていきたいです。

最後になりましたが、来年が新型コロナウイルスの影響でどのような状況になっても、精一杯I.S.A.を盛り上げていけるよう邁進していく所存でございます。

以上で私の所信表明とさせていただきます。

ご清読ありがとうございました。

 

質疑応答

コメント: 3
  • #3

    小倉未有 (木曜日, 19 11月 2020 17:23)

    原田さん、回答していただき、ありがとうございます。全国規模という特色を活かした新たな企画を楽しみにしております。
    承認されましたら、大変だとは思いますが、頑張ってください。応援しております。

  • #2

    原田茉鈴 (木曜日, 19 11月 2020 14:36)

    小倉さんご質問ありがとうございます。
    1つ目の質問については、上記の通りどのような状況になってもオンライン企画を引き継いでいく所存でありますので、コロナウイルス終息後もオンライン企画と全国合宿は両方行おうと考えています。
    2つ目の質問についてですが、例えば井上さんが企画されていた出身地コンペや、先日のOB・OG会での出身地当てゲームなどI.S.A.が全国規模であることを活かした企画ができれば、参加者の方に楽しんで交流していただけるのではと思います。また、まだ構想段階で具体的ではないのですが、全国合宿が中止になった際に代回となるオンライン全国合宿のようなものを行えればと考えています。以上、ご回答申し上げます。

  • #1

    小倉未有 (火曜日, 17 11月 2020 17:59)

    神戸支部2回の小倉未有です。所信表明お疲れさまでした。
    私からはオンライン企画について、質問が2点ございます。
    まず、今年度はコロナウイルスの影響により、オンラインでの企画が多く行われましたが、これからコロナウイルスが終息した場合、オンラインでの企画はなくなるのでしょうか?もしくは、対面での企画とオンラインでの企画の両方が行われるのでしょうか?ぜひとも原田さんのご意見をお聞きしたいと思っております。
     また、現段階で、より多くのI.S.A.会員が参加したくなるようなオンライン企画案があれば、教えていただきたいです。
     最後になりましたが、原田さんがI.S.A.を盛り上げてくださる未来を楽しみにしております。