*広報部長:神戸支部 神戸女学院大学2年生 上田彩楓

 

 この度、2021年度の中央事務局広報部長に立候補させていただくことになりした、神戸支部神戸女学院大学2回生の上田彩楓と申します。この度、立候補にあたっての所信表明を述べさせていただきますので、ご一読ただきたくお願い申し上げます

 I.S.A.には現在全国6支部に別れ、300名近くの会員が所属しています。さまざまな志をもった学生が多数所属している中で、全国合宿やプログラムなどさまざまな交流機会が設けられています。しかし、プログラムに参加することが難しい場合やプログラム内容自体を知る機会が少ない学生もいると感じる場面多く見受けられました。そういった会員内での差を少しでも少なくできるお手伝いができたらなと思い広報部長に立候補させていただきました。ここで主に重点を置きたい点を2つあげたいと思います。

 一つ目は会員への広報です私はI.S.A.に約2年間所属していますが、支部会に行けず、プログラムに参加できず、会員費を取られただけと退会してしまった会員も多数見受けられました。一度でもI.S.A.興味を持った学生たちに企画やプログラムの情報を届けることで新たな発見があったり、新たな意見が生まれると考えております出来る限り各プログラムや各支部の活動内容、委員の皆さんについて知ってもらうため、I.S.A.のSNSTwitterInstagramをこまめに投稿し、会員の学生にはSNSフォローしてもらうよう促進していきたいですまた各プログラムのSNSフォローしてもらうよう促し、プログラム委員の方々にもこまめに投稿してもらうようお願い致します。

 2つ目は新入生や企業への広報です。来年度の新入生少しでも興味を持ってもらうため、新入生歓迎会の情報来年度も新型コロナウイルスの感染拡大も考えられるため対面ではなくてもzoomやまた SNSを通じてI.S.A.の活動を発信していきたいです。また、I.S.A.に興味を持ってくださった企業様にもアプローチをできるよう、活動情報を随時発信していきたいです。

 最後になりましたが、新型コロナウイルスの影響もあり、I.S.Aとしての活動の幅が狭まれる中この役職で何ができるのか、何をしていくべきかを考え少しでも多くI.S.A.に貢献できれれば幸いです。よろしくお願い致します。

質疑応答

コメント: 0