代表挨拶


  私ども日本国際学生協会(以下I.S.A.)は、いかなる政治的主張にもよらずに、「対話を通じた相互理解の促進」を図り、理念で

ある「世界平和達成への貢献」を目指して書プログラムを開催している学生団体です。

 

 

 

戦後70年以上の時が流れ、日本は「平和」という言葉が当たり前のように飛び交い、戦争の記憶はどんどん風化しているように感じます。しかし、海外に視線を向けてみると、世界のどこかで戦争や紛争、テロが起こっており、今もなお尊い命が戦いにより不条理に奪われています。日本でも、いまだに周辺諸国との間に問題を抱え、今もなお解決する様子はありません。国際的平和を目指していても、具体的な争いの終結や問題解決は国家にゆだねているのが現状です。

 

 

 

では、我々学生が出来ることはないのでしょうか。国家に委ねたきりでいいのでしょうか。我々は、個々人の対話によって、国家間の衝突でできてしまった溝を取り除くことが出来ると思っています。対話することで偏見がなくなり、相互理解を深めることが出来るでしょう。国家や人種、宗教などの垣根を越えた相互理解によって少しずつでも溝が埋まっていく。これこそが世界平和達成への貢献といえるのではないでしょうか。

 

 

 

先ほど、「平和」という言葉が当たり前のように飛び交い、過去の凄惨な出来事が風化していると申しましたものの、近年、その平和に陰りが出ていることに危機感を覚えています。今を生きる我々の使命は、それを見て見ぬふりをするのではなく、過去に学び、二度と悲劇が繰り返されぬように努力することです。I.S.A.では、国籍も国境も超えて、文化交流という領域の「学生外交」という仕事において世界平和達成への貢献を目指しています。「世界平和達成への貢献」という我々の理念に基づいて活動することで、過去を現在に活かせると信じています。

 

 

 

現在I.S.A.では、会員に対して9つのプログラムを提供しており、設立当初から主催している国際学生会議を含め、国内外問わず開催されています。それらは、大学生同士の対話や交流を基調としていて、全て学生の自発的な欲求と積極的な努力によって運営されています。

 

 

 

I.S.A.の諸活動は、国際社会のありのままの現状を受容するのではなく、固定概念から脱却して、自分と他者を見つめ直し、認め合うきっかけを得ることが出来る場となっています。こうした経験を通して、会員一人一人が、国籍や文化の違いを飛び越えて世界を相手に活躍し、世界平和に貢献できる人材となることを切に願っています。

 

 

 

全国の大学生の皆さん、我々I.S.A.と共に、世界の大学生と手を取り合って、世界平和という世界の大きな理想へと一歩踏み出しませんか。

 

 

 

2018年度日本国際学生協会

会長 藤原実穂